春季リーグ戦 第五節

年月日
2021/04/30
対戦
立命館
場所
新旭球場
TEAM123456789R
同志社10010103
立命館500007×12

試合詳細

一回表、同志社大学の攻撃では、一番篠原(商1・高松商業)が左前安打、二番加藤(スポ3・東北学院)が犠打、続く三番真鍋(スポ3・高松商業)の左翼線上により1点先制。
 その裏、立命館大学は、一番、二番、三番が四球、四番一ゴロ、五番右前安打により2失点。さらに六番の左前安打により1点。七番四球で一死満塁。ここで投手が東山(経3・桐光学園)から髙井(商3・豊中)に代わる。八番の一安打により1失点。九番三ゴロでさらに1点と計5点を取られ逆転される。
 四回表の同志社は、七番辻(商2・佐久長聖)が左前安打、八番善田(商3・郡山)が犠打、九番宮本(経3・日本大学東北)が右前安打、一番篠原の二ゴロ間に1点返す。
 六回も、八番善田が中前安打、九番宮本が左前安打、一番篠原が左越安打により無死満塁。三番真鍋の四球押し出しで2点差とする。
 しかし、その裏の立命、八番四球、九番犠打、続く一番に右中間三塁打で1失点。三番の二安打で1点。四番四球、五番左前安打により二死満塁。六番に四球押し出し1点。七番左前安打で1点。八番中前安打でさらに1点。ここで投手が髙井から望月(スポ1・松商学園)に交代するも、九番、一番連続四球によりさらに2失点。望月から変わった今津(生命4・嵯峨野)が抑えるも、3対12の7回コールドゲームで最終戦を終えた。

 (同志社:投手=東山(1/3回)-高井(5 1/3回)-望月(0/3回)-今津(1/3回)、安打=14、残塁=10)

Doshisha junko Base Ball Club