秋季リーグ戦 第1節

年月日
2020年9月18日
対戦
大阪
場所
大阪シティ信用金庫スタジアム
TEAM123456789R
同志社10007120010
大阪0100210004

試合詳細
 一回表、同志社大学の攻撃では、一番向久保(商1・花巻東)が死球で出塁すると、二番田中(スポ2・成章)のニゴロで向久保が封殺される。続く三番和田(商3・清真学園)が右線上安打を放ち、四番管野(商2・花巻東)が左適時打を放ち、田中が生還し先制点を奪う。(同1-0阪)
 二回裏大阪大学の攻撃では、四番に右中間三塁打を打たれ、続く六番にスクイズを決められ1点を返される。(同1-1阪)
 五回表同志社大学の攻撃では、八番川田(経3・畝傍)と九番新居(スポ1・高松商業)、一番向久保が四球を選び出塁する。続く二番田中がスクイズを試みるも、三塁走者川田は本塁封殺。しかし三番和田が中適時打を放ち、新居が生還し1点。続く四番菅野も中適時打を放ち、向久保と田中が生還する。五番真鍋(スポ2・高松商業)が四球を選び、六番村田晋(経3・同志社)の死球で和田が生還する。七番加藤充(スポ2・東北学院)がスクイズを決め真鍋が生還する。八番川田が犠飛を放ち村田晋が生還し、この回一挙7点追加する。(同7-1阪)
 しかし五回裏大阪大学の攻撃は、九番、一番、二番に四球を許し満塁。続く三番に犠飛を打たれ1点奪われる。更に捕手の送球失策により1点奪われる。(同7-3阪)
 六回裏にも、六番が三塁手の失策により出塁を許すと、九番に犠飛を打たれ、またも1点を奪われる。(同7-4阪)
 七回表同志社大学の攻撃は、五番真鍋が右前安打を放つと、六番村田晋が左適時打を放ち、真鍋が生還する。続く七番代打高橋(スポ2・嘉穂)が右適時打を放ち村田晋が生還する。(同10-4阪)
 七回裏以降は、高井(商2・豊中)・中村(スポ3・済々黌)が阪大打線を抑え10対4で試合終了。昨秋リーグ戦で勝てなかった大阪大学に連勝した。

  •  同志社:投手=濱(スポ1・広陵)[5回]-髙井[3回]-中村[1回]、安打=11、残塁=5

Doshisha junko Base Ball Club